本文へ移動

令和4年 春季報恩大法要

令和4年5月21日(土)・22日(日)に、京都の総本山妙満寺において春季報恩大法要が執り行われました。
本年は、日蓮大聖人が立正大師の諡号を賜ってから100年の節目にあたり、立正大師諡号宣下100周年慶讃法要も併修されました。

また昨年に続き、新型コロナウィルス感染防止を徹底し、インターネット(YouTube)によるリアルタイム動画配信(ページ下にアーカイブをご紹介させていただいております。)を活用し、大川日仰猊下大導師のもと、河野時巧宗務総長、土持栄孝本山総務、末寺院僧員出仕により、厳粛に修行いたしました。

春季報恩大法要の様子

法話(布教総監・秋葉敬真師)
法話(特命布教師・藤本智成師)
「安珍清姫の鐘」
鐘供養(道成寺・小野俊成院主)

顕本法華宗 総本山妙満寺チャンネル

第一座


第 一 座 
立正大師諡号宣下100周年慶讃法要
(付、本山歴代・本宗僧員年回法要)
大導師:大川日仰猊下


第二座/第三座


法話 布教総監(法成寺住職/東京)・秋葉敬真 師

第 二 座  
立正大師諡号宣下100周年慶讃法要
(付、大施餓鬼法要)
大導師:大川日仰猊下

「安珍清姫の鐘」鐘供養 (道成寺院主/和歌山)・小野俊成 院主ご臨席
法話 特命布教師(本経寺住職/岡山)・藤本智成 師

第 三 座  
立正大師諡号宣下100周年慶讃法要
(付、大施餓鬼法要)
大導師:大川日仰猊下


顕本法華宗 妙満寺チャンネル」よりアーカイブをご紹介させていただいております。
是非、チャンネル登録をよろしくお願いいたします。
TOPへ戻る